FP通信教育Q&A「独学とはどう違う?」

FP試験合格を目指して勉強をスタートさせる上で、一番の悩みどころといえばやはり「何を使って勉強するか」だと思います。

やっぱり予備校通学が安心か、でも、通信教育もなかなか良さそうなので気になる
いや、やっぱりあまりお金をかけられないから独学か・・・

FP試験対策に限らず、「通信教育・通学講座・独学」の選択はなかなか見極めが難しいもの。これから学習をスタートされる皆さんが確実に合格への道を歩むことが出来るよう、ここからは『効率の良い学習法』をテーマに、オススメの学習法とその取り組み方をご紹介していこうと思います。

 まず、本サイトでオススメしたいFP試験学習法は、断然「通信教育」です。
よく「独学と何が違うの?」と言われますが、通信教育と独学は完全に似て非なるもの。そもそも同列に考えることが間違っているのです。

両者の最大の違いといえば、「学習ツール」にあります。独学の場合、教材選びから学習スケジュールを組むところまですべてを自分自身でやっていかなければなりません。「自分の勉強に使うものなのだから、自分で見て選ぶのが良いのではないか」と思われがちですが、実際にはそうとは言えません。
考えてみて下さい。受験素人であるアナタが、巷にごまんと溢れる教材群の中から果たして本当に相応しいテキストや問題集を選ぶことが出来るでしょうか?また、合格を目指す上で、それぞれの時期にどんな対策が必要であるかも、おそらく自分ひとりで考えることは困難だと思います。
もちろん、FP試験に独学で合格されているという方もいらっしゃるとは思いますが、よほど試験慣れしていない方でないと難しいのが現状です。
 一方で、通信教育であれば、合格に必要な教材がすべて提供され、しかもどの時期にどんな対策をするのが一番なのかが逐一教示されます。「自宅で学ぶ」という点においては共通していても、独りよがり、完全に自分流に終始する独学と比較すると学習効果が違います。

 FP試験合格に向け、通信教育と独学のどちらを選択するべきなのか?比べれば比べるほど、答えは明らかなのではないでしょうか。


FP試験の難易度なんて気にしない!
合格率が全国平均2倍以上になるフォーサイト学習法