FP通信教育Q&A「予備校通学とどちらがオススメ?」

FP試験に限ったことではありませんが、“国家試験対策といえばやはり予備校通学”といったイメージをお持ちの方も多いかと思います。

「通信教育では何となく不安、確実に合格したいなら予備校に通うのが良いのでは?」、これはもちろんひとつの意見としてあるわけですが、必ずしも絶対的なものではありません。よって、固定観念から“資格対策=予備校通学”と決めつけているのであれば、もう少し広い視野で学習法を考え直してみるのも良いのではないかと思います。


FP試験対策として、一般的には通信教育以上に安心、確実とされている通学講座ですが、実際には予備校通学ならではのデメリットといものも挙げることが出来ます。

まず、時間にゆとりのない方の場合、「通うこと自体が負担になってしまう」もしくは「通いきれなくなってしまう」といった問題が生じることもあります。

イメージしてみて下さい。皆さんの今の生活の中に、果たしてプラスαで予備校通学の時間を組み込むことが出来るでしょうか?現状、時間にゆとりのある方であれば何の問題もないかもしれません。しかしながら、仕事をしながら、主婦業の傍ら等で試験対策をしていこうという場合には、なかなか時間に融通の利かないケースも多いのではないかと思います。そんな状況で無理して通学講座に申し込んだとしても、合格を掴むまで通いきることは出来るでしょうか?仮にすべて受講できたとしても、通うこと自体が目的になってしまい、肝心な予復習にまで手が回らないといった事態も起こり得ると思います。


また、FP試験対策として通信教育を選ぶ場合と比較すると、「金銭的な負担が大きい」という点も予備校通学ならではの問題であると思います。通信教育専門校と予備校、一度受講料を見比べてみて下さい。その差は一目瞭然でしょう。
ちなみに、大手資格予備校の場合、通学講座も通信講座も受講料が変わらないこともあります。金銭面を考慮するなら、通信教育一本でやっているスクールに注目されるのが得策です。


通信教育と通学講座、現実的に考えれば、実際のところ「通信教育の方が相応しい」という方が大半なのではないでしょうか?



FP試験の難易度なんて気にしない!
合格率が全国平均2倍以上になるフォーサイト学習法