FP通信教育Q&A「効率の良い進め方とは?」

さぁ、ここまで読み進められてきた皆さんであれば、効率の良い受験対策のために今後、何の迷いもなくFP試験対策に通信教育を選択できることでしょう。
ですが、たとえ通信教育を受講したからと言っても、それを最大限活用できなければ合格など実現するはずもありません。

本ページでは、これからFP試験対策を通信教育で進めていく皆さんのために、効率良く学習を進めていくためのアドバイスをいくつか、させていただきます。実際に通信教育を受講される際にはぜひ、これからご紹介するポイントを実践されてみて下さい!


◎ スキマ時間は徹底的に活用
FP試験対策を通信教育で進めることでの最大のメリットは、「時間や場所を選ばず受験対策に取り組むことが出来る」という点にあります。通信教育を受講される皆さんであれば日々、何かと忙しくされている方がほとんどだと思いますが、日常のちょっとした時間にも少しずつ学習を進める努力をしてみましょう。
例えば、通勤の電車の中やランチタイム、待ち合わせ前の空き時間、就寝前のリラックスタイムなど、細切れの時間に注目し、ご自身のペースで勉強を進めてみて下さい!


◎ 教材は常に携帯
スキマ時間を活用する上では、教材は常に持ち運ぶように心がけるのがベストです。講座選びの際にはテキストや問題集のサイズ感や、スマートフォンやタブレットでも学べるオンラインの学習ツールが提供されるかどうかにも注目されてみると良いでしょう。


◎ 映像講義でバッチリ理解を深める
通信教育といえども、最近では講義付がスタンダードです。学習効果的には、音声のみよりも映像で視聴できる講義タイプがオススメ。テキストとの相乗効果で、難しい事柄もぐんぐん理解が深まります。
ただし、映像講義であればどこのスクールも同じというわけではありません。講座選びの際には、映像の見せ方や内容といったクオリティ面をしっかり比較しましょう。



FP試験の難易度なんて気にしない!
合格率が全国平均2倍以上になるフォーサイト学習法