科目別の難易度①

FP試験は学科試験と実技試験からなり、そのうち学科試験の試験科目は「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の計6科目となっています。
このページでは「ライフプランと資金計画」「リスク管理」科目の難易度について解説します。

●「ライフプランと資金計画」科目の難易度



「ライフプランと資金計画」科目で学習する内容の中でもっとも難易度が高いのは、公的年金です。裏を返せば、公的年金さえクリアすることができれば、他の学習内容はそれほど難しいものではありません。

公的年金は、私たちにとって身近な存在であるにもかかわらず、度重なる改正によって制度は複雑化し、その内容は大変理解しづらいものとなっています。社労士試験の受験経験がある受験生なら、そのあたりのことはよくご存知のことと思います。

そんな公的年金について学習する際には、比較の視点を持ち込むと良いでしょう。「国民年金と厚生年金」「第一号と第二号と第三号被保険者」「老齢年金と障害年金と遺族年金」それぞれの内容を比較しながら学習すると、複雑な内容も整理されて覚えやすくなります。

また、この科目で学習する内容は、実技試験にも大きく関わってきます。各種係数表やバランスシートなどを使った計算問題などは、この段階でしっかりマスターしておくと、実技試験の合格可能性を高めることにもつながります。


●「リスク管理」科目


「リスク管理」科目は、FP試験の試験科目の中でも難易度が低い部類に入ると思います。その理由は2つあって、1つは学習内容が限定的あるため、そしてもう1つは暗記中心であるためです。

上で取り上げた「ライフプランと資金計画」もそうですが、他の試験科目は、学習内容が多岐にわたるケースがほとんどです。しかし、この科目は「リスク」に特化した内容になっているため、学習がしやすいと思います。

そして、暗記中心である点も、この科目の大きな特徴です。ただし、暗記は人によって得手・不得手があるので、不得手の人にとっては、逆に難易度が高く感じられるかもしれません。


FP試験の難易度なんて気にしない!
合格率が全国平均2倍以上になるフォーサイト学習法