科目別の難易度②

FP試験は学科試験と実技試験からなり、そのうち学科試験の試験科目は「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の計6科目となっています。
このページでは「金融資産運用」「タックスプランニング」科目の難易度について解説します。


●「金融資産運用」科目



「金融資産運用」科目は、難易度に対する感じ方が、受験生によって大きく異なる科目だと思います。

この科目ではまず、銀行や郵便局の金融商品の内容などについて学びます。金融業界経験者にとっては、このあたりはお手の物といったところでしょう。仮に金融業界未経験者でも、数字に強い受験生ならば、そこで登場する利回りの計算などは、得点の稼ぎどころになると思います。逆に、数字に弱い受験生にとっては、やや手ごわく感じられるかもしれません。

また、同じくこの科目で登場する「PER」「PBR」「ROE」といった用語は、株式投資経験者にとってはお馴染みのものですが、未経験者にとっては、その意味を理解するところから始めなくてはなりません。

金融業界未経験者や、金融商品に疎い受験生は、この科目を得意科目にする必要はありませんが、点数を引き離されてしまわないように、最低でも平均点クリアは目指す必要はあります。


●「タックスプランニング」科目の難易度


「タックスプランニング」科目の難易度は、受験する級によって大きく異なります。この科目では「タックス」すなわち「税金」について学ぶわけですが、FP試験3級の主な学習範囲は「所得税」「住民税」「事業税」の3つ。2級以上になると、そこに新たに「法人税」「消費税」が追加されます。

「2級以上でも、たった5つ」と油断してはいけません。なぜなら税金の仕組みは複雑で、ひとつをマスターするだけでも相当に大変だからです。税金について学ぶ税理士試験の難易度の高さが、その何よりもの証拠です。

5つすべてに手が回らないという受験生は、最低でも「所得税」だけは完璧にしておくと良いでしょう。それだけで、この科目の半分近い点数が取れると思います。


FP試験の難易度なんて気にしない!
合格率が全国平均2倍以上になるフォーサイト学習法