科目別の難易度③

FP試験は学科試験と実技試験からなり、そのうち学科試験の試験科目は「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の計6科目となっています。
このページでは「不動産」「相続・事業承継」科目の難易度について解説します。

●「不動産」科目の難易度


「不動産」科目は、受験生によって、得手・不得手が大きく分かれる科目です。このあたりは、金融業経験者にとって有利な「金融資産運用」科目の性質と近いものがあると思います。

この科目は文字通り、「不動産」に特化した内容となっているので、不動産に関する専門用語なども頻出します。不動産業界経験者なら何てことのない用語でも、未経験者にとっては、それに慣れるところから始めなければなりません。

そんな「不動産」科目の学習のハードルを下げるためには、とにかく具体的なイメージを持つことです。現在、自分が住んでいる不動産を想像しながら学習をすると、だいぶ理解がしやすくなるはずです。

●「相続・事業承継」科目の難易度

この科目で学ぶ「相続・事業承継」とは、民法の考え方がベースになっています。そのため、「相続・事業承継」科目は、行政書士試験対策で民法を学んだ受験生や、大学で法律を専攻していた受験生にとっては、比較的取り組みやすい科目だと思います。

ただし、たとえそうでなくても、それほど心配する必要はありません。試験範囲の中心になるのは「相続税」と「贈与税」の2つなので、ここをしっかり押さえておけば、それなりに点数を稼げるはずです。

上述の通り、民法がベースとなっているこの科目は、FP試験の試験科目の中でも、法律寄りの科目なのですが、実は計算問題も出題されます。なので法律の学習経験者でも、計算問題が苦手な受験生にとっては、この科目の難易度は意外と高く感じられるかもしれません。

しかし、計算問題が苦手な受験生も、やはりそれほど心配する必要はありません。計算問題と言っても、数学の試験ではないので、それほど難しい問題が出題されるわけではありません。繰り返し練習して、コツさえつかんでしまえば簡単に解けるレベルの問題です。


FP試験の難易度なんて気にしない!
合格率が全国平均2倍以上になるフォーサイト学習法